遠足

2006-05-09

[]ふきだし博士とクロワク魔人

 カテゴリ名、書評から小説にしました。やっぱりこの方がわかりやすい。気がする。

 

 甲村彩乃の幻のデビュー作、堂々の登場! だそうです。

 甲村彩乃といえば、実在の事件・人物をモチーフにした(ことがかなりあからさまな)作品で知られる小説家。私はどうもそういうのを敬遠してしまうので今までろくに読んだことがなかったのですが、本屋でこの本を見た時におやと思ったのはその帯の宣伝文でした。

カーブ児童文学賞最終選考!

 それはすごいことなのかしらと思わず手に取ったら、作者は甲村彩乃。この人が児童文学? と思ったら、デビュー前に応募して賞は取れなかった作品を加筆修正して復刻、というものらしい。多分甲村先生のものなら何でも読むとか、過去に書いた微笑ましい作品を読んでみたいとか、そういうファンをターゲットにしているのでしょう。私は購買層じゃないと思いますが、

少年漫画雑誌、週刊イーグルの中で生きる登場人物たち。

コマの裏では敵も味方も和気藹々?

けれどそこに全ページを支配しようとたくらむふきだし博士が現れた!

 ゲーッ、面白そう(嫌な趣味)

 児童文学なのに舞台が漫画雑誌の中なのかとか、デビュー作?が楽屋ネタなのかとか、帯見ただけで色々妙な気分になりましたが、あまり迷わず買いました。ファンでもないのに。でも面白かったです! 相当昔に書いたものらしく、後書きで修正に苦労したとか照れてる甲村先生がちょっとかわいかったです!

 

 主人公は漫画内では脇役、というかエキストラみたいな人。外見に特徴がないのでほとんど全部の漫画に出演して通行人をやっている。コマ裏(楽屋のことらしい)では主役陣とのふれあいとかがある。

 エキストラである主人公はどこの漫画世界にも行けるが、通常の登場人物たちはその世界から外に出られないって設定が伏線としてもきっちり生きてて後半燃えます。

 名前がついているかいないかが登場人物とエキストラの違いらしく、主人公の名前はコウというが(まさか甲村先生、自分の名前から…)、コマ裏でしかその名前を呼ばれない。

「コウ」

 呼びかける鞘の声が、すこし湿っている。

「この漫画終わったらさ。私も後ろの方で歩く人になりたい。他の漫画の景色、色々見てみたい」

 難しい。彼女が「後ろの方で歩く人」になるのは。

 コウと違って、鞘はとても目を引く容姿だから。

 不人気漫画「ボムの街」のヒロイン鞘と恋に落ちてしまう主人公。このヒロインの表と裏の微妙な違いがいい。あとコマの裏での魔人とのバトルでばたばたやってる時、コマの表でそしらぬ顔で熱血演技をする「消音レーサー」の主人公がいい。

 

 それにしてもこういう内容で、嫌な鳥肌を立てるようなこともなく最後まで読んで「面白かった」と断言できるのはすごい。今まで敬遠してたけど、なんか他の作品も私が苦手な物は含まれていないような気がしてきた。読んでみようかなー。

2006-04-20

[]地獄の呉服

 銀紙亭六助落語CD。古本屋で買いました。

 初めて聞く噺だけどどこかで聞いたような展開の馬鹿さが好み。他の人がやってるのも聞きたいなと思って検索してみたら、どうもこれ古典落語風の創作落語らしいです。銀紙亭六助という人はそういうのをたくさん作っているのだとか。

 他の人がやってるのを聞きたいと思ったのは、つまりその、この人の演じ方に若干不満があるということですが、そうか自分で作ったのか。まあそういうこともありますよね。

 

 あらすじ。江戸でたいそう繁盛している仙石屋という呉服屋があったがある夜強盗が押し入り一家皆殺しにされてしまう。店の者は全員一緒に閻魔様の前に出て裁かれるが、店の中にいつも売り上げを誤魔化して懐に入れていた者が数名いて、その中で主だった者は地獄行きと閻魔様が言ったのでお互い罪をなすりつけあって騒ぎになる。

 わあわあわあわあ……

 どうにもキリがありません。

「閻魔様ァ、お後つっかえてんですがね」

「おう、もうちょっと待ってくれ。…つまり新八、お前が金を誤魔化そうと言い出して…」

「あっしが悪いんじゃありません、あいつが」

「いやァ、あの野郎が」

 わあわあわあわあ……

 閻魔様もとうとう腹ァ立てて、ええいッめんどくせえやッてんで店ごと地獄にやりました。

 突然地獄に現れた呉服屋。店の主はすぐ商売を始める。

 なにしろ商いが服を着て歩いているような人ですから、

「俺ァ商売してねえと心持ちが悪くなるんだ」

 なんてんで……地獄で心持ちがよくなっちゃァいけねえんですが、

「仕入れ先探してこよう」

 気心知れた番頭さん連れて、針の山ァ越えて行っちまいました。

 残された店の者も、店にあるものを鬼や亡者たち相手に売り始める。

「鬼さん。鬼さん。鬼さんこちら」

「……妙な呼び方するね。あッ! おおい! 地獄で商売すんなってあれほど…」

「あらッ。まァ、近くで見れば見るほどいい男……こんないい男が腰巻き一つなんていけませんよォ、もったいない。ね、これなんていかがですか。いい色でしょう? 血の池でちょいと染めましてねェ、色落ちのしない新しい工夫があるんですよォ。目の覚めるような青いお体によく映えて……こりゃァ亡者どもがほっときませんよ。見たらブルブルッて震えますよォ。ねェ鬼さん……(声をはりあげ)おにィーさんッ!」

「(照れて)よせやいウヘヘ……俺ァそんな年じゃ……いくら?」

 仕入れルートを確保するために店の主が亡者を励ましたりするところに無駄な人情話風味を盛り込みつつ、最後には一家皆殺しにした強盗たちが打ち首獄門になって地獄にやってくる。また強盗に入られ、今度は匕首で刺しても死なないので店の者は全員縄で縛られて金目の物を強奪される。

「なんてこった、売り物をみんな持ってかれちまう」

「畜生、この縄ほどけ、ほどけーっ」

「地獄にこんな悪い奴がいるたァ思わなかった」

「地獄にほどけだ」

 END。余談ですが、地獄でほのぼの、というのは私がもっとも好むシチュエーションの一つです。ほっとしますよね。地獄に行っても何も心変わりせず今までの暮らしを続けてしまう、という登場人物(この噺の場合は店の主とか)になぜこんなにあこがれてしまうのかな。

 だからなおさら、もっとこう演ってほしいなあというのがあったんだと思う。強盗に皆殺しにされるとことか、「匕首でグサーッ、ギャーッ」とか、がんばって軽くしようとしてるためにかえって軽くなってない感じがする。地獄の亡者の暮らしもそうだったけど。

 

 もう一つの「馬長屋」は郭噺でこれも自作。別に珍しくないのだろうけど、なんとなく郭噺で自作って難しい気がするなあ。

2006-04-15

[]砂流しスペシャル

 来週放送。2時間スペシャル。予告を見て目を疑ったし制作側の正気も疑った。2時間。5分の帯番組のスペシャルで2時間。総集編ならいいんですが、どうも予告を見た限り嫌な予感がぬぐえません。スタジオみたいな場所で司会者らしき人がいたのは目の錯覚だと思いたい。

世界をさすらい続ける旅人が 訪れた土地の砂で砂時計を作る

画面に映るのはその土地の風景と 過ぎる時を示す3分の砂時計

奇妙で幻想的で どこか懐かしい……

ひそかな人気番組「砂流し」の 未公開映像満載のスペシャル版!

 もうどうしてくれようか。「どこか懐かしい……」じゃないよ。そんなコンセプト全然聞きたくない。

 そういえば以前何かの番組で「『砂流し』で作られた砂時計は放映後どうしているのか?」という疑問に答える、みたいなことやっていて、何か倉庫みたいな場所に今までの砂時計がぎっしり、という光景が映ったことがありました。なんか「うわあ」と思った。そしてディレクターか誰かがその砂時計をいくつか視聴者プレゼントしますとか言って、もっと「うわあ」と思った。で、そのプレゼントの中には入っていなかったんだけど、ディレクターらしき人の横にずっと映っていた砂時計が、あれは多分2年くらい前の、どこかの国の汚い砂浜(魚の死骸とか藻とかがすごい)が映りながら、砂時計の砂は変にきれいでさらさらしてて妙に気になった、それじゃないかと思ったのでした。視聴者プレゼントにならなくてほっとしながら残念にも思ったけど、あの砂時計は今もあの倉庫みたいな部屋に保管されてるんでしょうか。増えるばかりじゃ始末に困るだろうし処分されてしまったんでしょうか。

 毎日見てるわけでもないくせに、あの番組の砂時計の処遇を思うとどうも落ち着かない気分になります。あまり見たくないけど来週のスペシャルも見ざるを得ないな。

2006-04-11

[]ゲストギフト

 月刊コイントス5月号ネタバレ 

 

 えええええ! 橋枝先生ー! いつも立ち読みなんだけど、コイントス買っちゃいました。まあ他にも好きな漫画あるからいいんだけど。「柑橘」も八朔祭編のせいで単行本買い始めたし。

 さて勝手な思いこみですが、私は「ゲストギフト」の世界観をパラレル江戸時代のユートピア町人文化みたいに思っていたんです。服装や髪型も現代だったり時代劇だったりして安定しないし、そのあたりの設定についてこれまでは何も語られなかった。こないだの南町奉行の御白州でも御奉行様はスーツなのに後ろの机で進行を書き留めている人は和服に髷結い、でも筆ではなくてタイプライター使用。そこらへんは「おかしいんじゃないか?」と言うより雰囲気で楽しんでおけばいい部分なのだと思っていました。ほのぼの漫画だし。

 それが今月号で浮世絵師円暮が死亡。準主役くらいに思ってたのに! というかこの作品でレギュラーが死ぬという事態がそもそも信じられません。そんな展開はこのあやふや世界観から浮きそうなものですが、どうもその世界観を含めて話が進行している様子。今思えばここ数ヶ月何気なくひっかかるところがあったんでした。先月号でお歯黒どぶを飛び越えた時、高瀬が「どぶの幅がいつもより狭かったように思う、吉原が私に行けと言ってるんだ」みたいに言ってたけど、あれもちょっと妙ですよね。

 あと単行本読み返したら、円暮は1巻時点でもう死亡フラグに準ずるようなことを言ってた。

「ここはいい町だよ

 いい町ってのは月も星も灯りもない真っ暗な時でも

 ぼんやり光ってるように見えるんだ」

「……? 真っ暗で光ってるたあどういう意味だね」

「何か隠れている気配がするってことさ

 おれが描きたいのはそういうものだ」

 読み返していくと、自分はけっこう円暮好きだったとかしんみりする。寂しくなるけど話自体もそろそろ終わるのかなあ。

2006-04-05

[]ブラシ

 本当は「クオリティペーパー」を見に行ったんですが時間間違えてて1時間待たなきゃいけなかったのでこっちにしました。後悔はしていない。

 ビル清掃業者のジムにある日芽生えた不思議な能力。清掃ブラシを持っている間は壁や天井に立つことができるのだ。

 基本的にはそれだけの能力のはずですが、天井を拭いてた時にうっかり聞いてしまった悪人計画のために追いかけられていた時の妙な強さというか身のこなしのただ者でなさが唐突でちょっと面白かった。薄味だけど長めなアクションシーン。なぜか完璧に自分の能力を把握した動きで敵を翻弄するジム。

 

 結局最後にはブラシはバラバラになってしまってジムは壁を歩いたりはできなくなるわけですが、ブラシの残骸を見るジムの表情が何かこう胸に迫ります。映画の前半で例の能力をのんびり楽しんでる描写があるのでそれを思い出してしまう。例えば高層ビルの外壁を磨いた後、ブラシ持ったまま壁に座ってサンドイッチ食べるシーン。右手に大都市の地上、左手に空、で左をちょっと見て「いい天気だな」と言うんですよ萌え。作業着かっこいい(何の話)