Hatena::Groupemperor

夢学

2006-05-11

[]博士と僕


ジャンルは多分SF。作者は横柳とか言う人で、全然聞かないなあと思ってネット調べたら二流だのB級だのいう言葉乱発されてて笑えた。でも全部読んでみるとそんなにこき下ろされているわけでもなく、割と愛されてるっぽい。

というか、今回古本屋で暇つぶしに買った「博士と僕」も悪いというほどではなかったし。ちょうど的確な意見があったので引用。

「横柳新雄の書く話はずば抜けているわけではないが、期待しないで読むと意外と面白い」

一冊しか読んでないで言うのもなんだけど、まさにそんな人だと思う。

そして内容は全編の八割くらいが博士と、博士に作られたアンドロイドである「僕」のメールのやりとりという、これだけ見ると壮絶に詰まらなさそうな小説。

「僕」は違和感なく人間社会に紛れ込んでいて(というより、アンドロイドやらロボットやらが認知されてる)、日記のようなものを毎週送り、博士もそれに返事をする、と言った内容なのですが、「僕」も告白されたり恋したりと忙しい…て、そういえばこれは青春小説と分類することもできるんですね。

「僕」はどこかで働いているらしく、日々仕事は完璧にこなしているのに時々無意味に怒られて「理不尽だ」と書いてあるところなんかは、凄く微笑ましい。人間じゃないのに人間臭いというのが素敵なのかしら。

ちなみに博士の方は主に「僕」が書いてきたことへの返信が主で、ほとんどこの人についての情報は得られず、なんというかカウンセラーのような感じがします。こうするといいよと示したり、それは自分で判断しなければいけないと突き放したり。唯一博士っぽいところは巻のちょうど真ん中らへんにある機械用語満載な部分くらい。そこは「僕」のパーツのいくつかが老朽化しているということで、対処を求めた時の返事なのですが。なんでも自分でやる子ね…。

あと反ロボット結社などがあり、それに狙われたりもしているのですが、そのことだけは何故か微塵もメールに書こうとしない姿勢にも惚れます。


恋愛辺りの「僕」のうじうじぶりは日本人じゃないと書けなさそうなねちっこさがあっていい感じでした。偏見かもしれませんが、米人とかその辺はスパっとしてそうだし。

でも「僕」が恋するとは思わなかったなー。作中、明言はされないんですが、明らかにその恋した女性の描写が妙に多い。というか、文面からして恥ずかしくて抜粋する気にもなれないほど青春満載。ポエムもどきみたいなのまで入ってたし。あれ、本当にポエムのつもりで書いたのなら横柳先生はポエマーにはなれないと思う。


あとはあれだ、人間と機械の壁にぶちあたって「僕」が思わずメールの中で書いた「博士の子供に、なりたいです」に対する「お前は既に私の子供じゃないか」はありがちといえばありがちなのに泣きかけた。王道に弱いんだ。